魅力的でにぎやかな港まちに集う

9/9(土)

みなとAGOGO!02

リソグラフスタジオ when pressと港まちのポスターをつくろう!
 

  イベントレポート  

  リソグラフという印刷機を使って



港まちアートブックフェアに出品されているwhen pressの亀山佳津雄さんと岡田和奈佳さんと一緒に、リソグラフという印刷機を使って港まちのA3ポスターをつくるという今回の企画。 リソグラフとは、ガリ版などの孔版印刷の原理に理想科学独自の技術を融合させた高速デジタル印刷機。印刷の元となる版(マスター)をつくり、内部の印刷ドラムに巻きつけ、紙を通して印刷を行うしくみです。(理想科学工業HPより引用)
when pressさんのスタジオで普段使われているリソグラフの印刷機は2色機ですが、港まちポットラックビルにあるのは1色機。同時に2色を刷れないこともふまえ、リソグラフならではの色の重なりをどのように楽しんでもらうか、とWSに向けてのミーティングを何度も重ねていただきました。 さてさて、当日どうなるでしょうか?

 

   

   


  予測できない印刷の面白さ



まずは築地口商店街を散策して、ポスターの素材となる写真を撮ります。 今回は、散策場所を築地口商店街に絞ったのですが、同じ場所でもみなさん切り取り方に個性が出ていて面白いです。前からリソグラフに興味があったという参加者の方も多く、亀山さんによるリソグラフの解説にみなさん真剣に聞き入っていました。 その間、撮影したみなさんの写真を岡田さんがてきぱきとレイアウトしていきます。どのように版を作るかという作業工程も教えていただきました。版が出来たら各自選んだ紙にいよいよ印刷!「これまでリソグラフで何度も印刷をしているけれど、仕上がりはやってみないと分からなくて…そこが面白くてワクワクするんですよね~」と亀山さんもとても楽しそう。 印刷したものが出てくるとお~と歓声があがりました。1色目を刷った後に2色目の版を重ねて印刷し、ポスターが完成! 「いろんな紙で刷れて違いを見れて楽しかった」「もっとリソグラフに興味がわいた」「まち歩きも楽しかった。もっとたくさん見て歩きたくなった」などといった感想をいただけた回となりました!


  

    
 



開催概要

港まちアートブックフェアに出品されているwhen pressの亀山佳津雄さんと岡田和奈佳さんに教わりながら、リソグラフという印刷機を使って港まちのA3ポスターをつくってみましょう。まずは素材となる写真を撮影しに築地口商店街を散策後、紙やインクの色を選んでいざ印刷!リソグラフならではの色の重なりや風合いをぜひ体感してみて下さい。質問やご相談もできますので、この機会にぜひご参加ください。


 
 

日 時|2023/9/9(土) ①13:00~14:00  ②14:15~15:15 ③15:30~16:30
会 場|港まちポットラックビル
講 師|when press 亀山佳津雄・岡田和奈佳
定 員|各回5名
参加費|1000円(飲み物付き)
持ち物|カメラやスマートフォン
※印刷したポスターのうち1枚はアーカイブとして会場の壁に掲示させていただく予定ですのであらかじめご了承ください。

 


when press/うぇんぷれす

デザイナーとプリンター3名が運営する名古屋のリソグラフスタジオ。ZINEやポスターなど、リソグラフ印刷で制作したい方を対象にデザイン・制作の相談に乗っています。全国の印刷・デザイン・出版に携わる方々とのトークイベントや、リソグラフ印刷の体験型ワークショップなど、スタジオを起点として様々な方向から印刷にまつわる活動も行っています。
instagram:whenpress_jp

 

※注意事項 
◎予約受付は先着順とさせていただきます。
◎ご家族等でお子様が参加される場合でも、1名としてカウントさせていただきますので、予めご了承ください。
◎定員になり次第、応募を締め切らせていただきます。
◎申込期限は、開催日の3日前までです。
◎キャンセルについては、開催日の2日前までにご連絡をお願いいたします。1日前、当日のキャンセルについてはキャンセル料が発生する場合がありますのであらかじめご了承ください。
◎各プログラムに参加される方は10分前までに集合場所までお越しください。
◎新型コロナウイルス感染症の状況等により、会期、実施内容等が変更となる場合があります。