みんなと港まちを創る

9/4-10/30

映画を集めて まちをひらく

み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクト

まちをひらく|Open Sesame!  
定期的に巡る展示の第2期「映画を集めて まちをひらく」



Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F:Project Spaceでは、
()なとまちをつくるアーカイブプロジェクトとして『まちをひらく|Open Sesame!』 
定期的に巡る展示の第2 期「映画を集めて まちをひらく」を開催します。

その昔、名古屋の港まちには3つの映画館があったそうです。街へ出て映画を見ることをきっかけに、
外食をしたり、ショッピングを楽しむ。その風景は、庶民の暮らしに文化的な彩りを与えた大切な記憶として、
今も街の人々に語り継がれています。「映画を集めて まちをひらく」では、その当時に港まちの人々が見た
映画の記憶についてのエピソードを拾い集め、それらを軸にとりまとめた諸々の探訪(/リサーチ)のご紹介と、
それに関連したミニシアターイベントを開催します。手作りで、ささやかな催しですが、お楽しみいただけたら幸いです。



ミニシアター上映スケジュール
会場:港まちポットラックビル2階
定員:15名程度(先着順・予約可)
参加費:無料
各映画は、同日に2回上映します。

1. 人生をしまう時間
9月17日(金) 10:00-11:50 / 19:00-20:50
患者と家族と向かい合い、最後の日々をともに過ごすー。
小堀鷗一郎医師(80歳)と在宅医療チームに密着した200日の記録。(「人生をしまう時間」webより)

©NHK
/「死」を想うことは毎日を大切に「生きる」こと。一人ひとりの死を見つめながら、私たちの人生について考えてみましょう。\


2. 沈没家族 劇場版
10月1日(金) 10:00-11:30 / 19:00-20:30
シングルマザーの母がはじめた共同保育の試み「沈没家族」。あたらしい家族の「カタチ」を問いかける
ドキュメンタリー。(「沈没家族」webより)

©おじゃりやれフィルム
/人は一人では生きていけないのだとしたら、私たちは、誰とどんな暮らしをカタチづくっていくのだろう。\

3. 鞍馬天狗 角兵衛獅子
10月15日(金) 10:00-11:30 / 19:00-20:30
時代劇の大スター・嵐寛寿郎と昭和の歌姫・美空ひばりが共演した本格時代劇。
神出鬼没の正義の剣士・鞍馬天狗の活躍とひばりの演技が見どころの一作。(「TSUTAYA」webより)

©1951松竹株式会社
/「待ってました‼ 」と観客の座布団も舞ったというあの時代、港まちのみんなが沸いた興奮をもう一度。\

4. 東京物語
10月29日(金) 10:00-12:15 /19:00-21:15
巨匠・小津安二郎監督が、戦後変わりつつある家族の関係をテーマに
人間の生と死までをも見つめた深淵なドラマ。(「TSUTAYA」webより)

©1953/2011 松竹株式会社
/原節子といえば、東京物語。東京物語といえば…原節子(笑)きれいだったんですね〜。\
 

開催概要

2021.9.4 [Sat.]−10.30[Sat.]
11:00−19:00 
日曜・月曜・祝日休み
Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F : Project Space

※ 毎月第2・4水曜日は、午前中に別事業で会場を使用するため、展示等をご覧いただけるのは13:00以降となります。

主催|港まちづくり協議会
監修|酒井健宏
名古屋市港区名港1-19-23
Minatomachi POTLUCK BUILDING
tel│ 052-654-8911  
e-mail│info@minnatomachi.jp
Web│www.minnatomachi.jp


※新型コロナウイルス感染症の状況等により、会期、実施内容等が変更となる場合があります。
※入館時は、マスクの着用をお願いいたします。また受付にてご記名・検温も合わせてお願いいたします。


 

み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクト

港まちに暮らす人々の個人的なエピソードを集積し、まちの新たな輪郭を記録するプロジェクトです。
さらに、その記録を成長させていくことで、現代の都市が「まちづくり」に向かうことの意味を問い直し、このまちの未来の姿を思い描くことを目的としてい ます。
2016年の「まちと話す│talk with you」、2017年の「まちを解く│find your origin」、2018年の「まちを綴る│taste our tracks 」、2019年の「まちが語る│telling our story 」、2020年6月の「まちを残す|people talk about what they do」、2021年1月は「まちを残す|people talk about what they doのエトセトラ」、6年目となる2021年の今回は「まちをひらく|Open sesame!」を展覧会のタイトルとしました。

   



映画公式サイト

「人生をしまう時間」

「沈没家族


チラシ PDF

映画を集めて まちをひらく
 

下記項目にご入力の上、[送信]ボタンをクリックしてください。

参加必須項目
右記内容をご記入ください。
お名前(必須)
フリガナ(必須)
性別(必須)
年齢(必須)
電話番号(必須) (例:052-1234-5678)
メールアドレス(必須) (半角英数)
メールアドレス確認用(必須) @ (半角英数)
その他
ご意見・ご要望等

【個人情報の取り扱いについて】
当社プライバシーポリシーをご確認の上、「同意する」にチェックを付けた後、「送信」ボタンをクリックしてください。