みんなと港まちを創る

6/29-12/28

リサーチ

まちをひらく|Open Sesame!
Chatting in the Kitchen -台所でおしゃべり-


み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクトとして『まちをひらく|Open Sesame!』を開催しています。その一環として、陶芸家/美術家の本原令子さんとのプロジェクト「Chatting in the kitchen -台所でおしゃべり-」が進行中です。
 


 

―  毎日、地球上で20億人ぐらいごはんを作ってる。

   いろんなお宅へうかがって、

   そのウチの定番料理を一緒に作ったり食べたりしながらの会話を本にしたい。―

 

という本原さんの思いからプロジェクトは始まりました。


「Chatting in the kitchen -台所でおしゃべり-」とは

 1.7月から10月までに港まちに住む10人の台所におじゃまする。

 2.行きすがら、またはそこの庭で見つけた植物を小さな陶製ブーツに活けて食卓に置く。

 3.定番料理を教わって、一緒に作ったり食べたりしながら話したことを記録する。 
 

 

ポットラックビル2Fにて、写真や本原さんのメモなどをまとめた展示を行っています。

 

  

 

これまでに伺ったキッチンでの記録をWEBでもご紹介します。

 

7月のアーカイブ


 

7月は、ばぁば工房の市橋さん、石田さんのキッチンにお邪魔しました。

 

 

>>くわしく見る

 

 

8月のアーカイブ


 

8月は、きっさ姉妹の藤井さん、今年から港まちに住み始めた小田ビニシウスさん&りかこさん、うどんとワインのお店釜半さんの台所にお邪魔しました。

 

 

 

>>くわしく見る

 

10月のアーカイブ


 

10月は、港まちの仲良し3人組の江崎さん、パキスタン料理店ファリアレストランさん、港まちに住んでいたティンちゃんの台所にお邪魔しました。

 

 

 

>>くわしく見る

..............................................................................

本原令子さん
陶芸家/美術家。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科卒業、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)セラミックスアンドグラス修士課程修了。「土があれば何でもできる」をテーマに、2013年から5年間に渡って続けてきた静岡市の登呂遺跡を舞台にしたアートプロジェクト「ARTORO(アートロ)」の活動を記録したエッセイ、「登呂で、わたしは考えた。」を執筆。
 

 


 

開催概要
開催日|2021/6/29(火) - 12/28(火)
時 間|11:00–19:00(入場は閉館30分前まで)
会 場|港まちポットラックビル 2F: Project Space
休館日|日曜・月曜・祝日

※ 毎月第2・4水曜日は、午前中に別事業で会場を使用するため、展示等をご覧いただけるのは13:00以降となります。
※新型コロナウイルス感染症の状況等により、会期、実施内容等が変更となる場合があります。
※入館時は、マスクの着用をお願いいたします。また受付にてご記名・検温も合わせてお願いいたします。

 



チラシ 
まちをひらく│Open sesame!